記事一覧

会話が聞き取りやすくなる

耳

デジタル対応の種類もある

補聴器は加齢や病気で難聴になり、日常の会話が聞き取りにくくなっている方の聴力を補助する役割を果たすものです。電車に乗る際に発車の案内が聞き取りにくくなったり、会話をしている相手の声が聞き取りにくくなったりという症状が現れている方に最適です。購入する前には耳鼻科で聴力検査を行い、補聴器の使用で聴力を補えるかを診断する必要があります。地方自治体によっては、年齢や難聴の症状によって補聴器購入の補助金が支払われるので、購入前に調べておくと予算を立てやすくなり安心です。また、難聴により障害者手帳が交付されている場合は、補聴器を購入する際に助成金が出ます。補聴器には、耳掛けタイプや耳あなタイプなどがありますが、支給される種類が自治体によって異なります。どのような種類の補聴器を使用するかは、場所によっても異なるのでいくつかの種類を試してみる方も多く、状況や場所に応じて使い分ける方法もあり便利です。外出時に携帯電話で会話をする機会が多いという方の場合は、ワイヤレスタイプのマイクをオプションで取り付けられる補聴器を使用するなど、ライフスタイルに合わせて工夫をする事で快適に過ごせます。家庭でテレビを見るのが趣味という方の場合には、テレビ用のオプションを販売しているメーカーもあり補聴器と組み合わせる事で視聴しやすくなります。デジタル機能つきの補聴器も増えており、スマートフォンと連動して使用出来るものも増えており人気です。

Copyright© 2018 音が聞こえにくいなら補聴器を利用すべし【種類と特徴をリサーチ】 All Rights Reserved.