記事一覧

フィッティングが肝心

耳

操作性にも留意しよう

予算に応じた補聴器を購入することは大切ですが、価格だけを重視して、使用環境に合っていない製品を買わないようにしましょう。また、高価な補聴器は多彩な機能を備えていますが、耳の聞こえ具合は人それぞれのため、高い物を選べば良いという訳でもありません。そこで、先ずは耳鼻科などで難聴の程度や原因などを、詳しく調べてもらうのが大切です。そして、検査結果などから必要であろう機能のアドバイスを受けましょう。耳鼻科や補聴器外来では、数週間ほど補聴器を貸し出してくれるなど、自宅や職場で試聴して、適切にフィッティングしてくれる場合もあります。補聴器は工場出荷状態から、使用する人の聞こえ具合に合わせて微調整することで、より聞こえやすくなるのです。調整作業は医師や専門技師にしてもらいますが、自宅や職場では雑音などの環境音がまるで異なりますので、使用環境を伝える時は、できるだけ具体的に話しましょう。一方、補聴器は使い勝手もある程度考慮する必要があるため、本体の操作性なども忘れずにチェックしておいてください。例えばスイッチ類の押しやすさなども重要ですから、しっかり確認しておきましょう。1回操作するだけなら苦にならないことでも、1日に何度も操作する際は面倒になることもあるので、意外に無視できないポイントです。そのほか、バッテリーの交換が容易にできるかなど、補聴器を選ぶ時は、実際に使い始めてからのことも念頭に置きましょう。

Copyright© 2018 音が聞こえにくいなら補聴器を利用すべし【種類と特徴をリサーチ】 All Rights Reserved.