記事一覧

耳をサポートする機械

補聴器

用途に応じて種類を決める

音を聞こえやすくしてくれる補聴器は、性能や特徴によっていくつかの種類に分けられます。数も多いため、初めて購入する人はどれを選べばいいのか迷うかもしれません。製品によって異なる特徴を見極め、自分が使うシーンや目的に合ったものを選ぶようにすると最適なものが見つかります。使っていることを人に気付かれたくない場合には、小型の補聴器がおすすめです。耳の穴に完全に隠れるサイズの小さなタイプが発売されており、セットしても外見でわかることはありません。また耳の穴の奥まで入れるため、使っている途中で外れにくいというメリットもあります。仕事や運動など、体を動かす機会が多い人に向いている製品です。あまり小さすぎると扱いが難しいというのであれば、耳掛け型の補聴器があります。本体と耳掛け部からできており、最適な向きにセットしやすいのが特徴です。耳掛け部のおかげでつかみやすく、誤って落としてもなくしてしまうことがありません。主に自宅で使うことが多い方には、箱型の補聴器も便利です。イヤホンと同じ形状の本体と、電池入れやスイッチとして機能する箱から成り立っています。スイッチが大きいため音の聞こえやすさの調整がしやすく、細かなものを扱うのは苦手という方でも安心です。箱の部分は大きいため補聴器を使っていることが目立ってしまいますが、家の中やコンサートホールなどの会場で一時的に使いたい時に役立ちます。箱型の補聴器には、他のタイプに比べて価格が安いという利点もあります。費用を抑えたいという時には、このタイプを選ぶと良いでしょう。

Copyright© 2018 音が聞こえにくいなら補聴器を利用すべし【種類と特徴をリサーチ】 All Rights Reserved.