産廃には破砕機を使って処理しよう|リサイクルをする時代が来る!

男女

正しい知識で

機械

企業で産業廃棄物を排出する時には、管理担当者が適切な処理方法の基礎知識を学んでおく必要があります。また、産業廃棄物処理の研修会や講演会を受講することで、企業側が環境汚染をすることが無いでしょう。

View Detail

企業が出すゴミ

工場

建設現場などでは、産業廃棄物が出ることがあります。その他にも、工場などでは一般的な処理ができないものが、ゴミとして発生してきます。例えば、ペットボトルを生産している企業であれば、プラスチック製品などの産業廃棄物がでてきます。また、タイヤの生産をしている工場だったら、ゴムのクズが発生します。そんな産業廃棄物は、産廃処理業者に処理を依頼することができますが、産業廃棄物を出した会社でも処理をすることができます。また、産業廃棄物は資源としてリサイクルすることができるものもありますから、企業自体で管理することで、無駄な経費を出すことも無いですし、産廃処理に出す作業も短縮すること可能ですが、中でも有効的なのが破砕機を利用することです。

破砕機を使うことで、プラスチック製品やゴム製品を細かくすることが可能です。細かくすることで、保管の際の運搬が楽になりますし、再利用する側の業者も扱いやすくなります。」そのため、産廃処理に積極的に活用されているのが、破砕機なのです。

産業廃棄物の破砕機は、インターネットから購入することができます。中でも新品で購入できるものから、中古で購入が可能なものまで様々です。また、一時的に破砕機を利用したいと考えている企業は少なくありません。そんな時に便利なのが、レンタルです。レンタルを使えば、多額な経費を掛けることなく効率的に、産業廃棄物の破砕ができるのです。また、産業廃棄物を処理する機会は破砕機以外にもあるので、業務内容に合わせて機会を比較しましょう。

選んで捨てる

汗を拭く女性

解体現場などでは、ガレキの処理に困ることが多くあります。そんな時には、ガレキ選別を楽にできる、コンベヤーを使うと効果的です。また、コンベヤーはレンタルすることもできますし、中古でも購入が可能です。

View Detail

業者に依頼

工場

企業では、産業廃棄物が出てくることがあります。そこで、産廃処理を行なっている業者に依頼をすれば、適切な処理を行なうことが可能です。また、産廃処理は低料金なところを選ぶと、経費も抑えることができます。

View Detail