記事一覧

補聴器

快適に聴き取れる機能

補聴器はデジタルが主流になっており、音量を調節する機能のほか、騒音やハウリングを抑制する機能などが備わっています。最新の補聴器はワイヤレス機能も搭載されており、スマートフォンやテレビに接続して便利に使うこともできます。

耳

フィッティングが肝心

予算に応じた補聴器を選ぶことは大切ですが、価格だけで決めず、使用環境に合った性能や、操作性も加味して選びましょう。また、補聴器は自分の聞こえ具合いに合わせて調整するのも重要なため、耳鼻科や専門技師にフィッティングしてもらうのが肝心です。

補聴器

耳をサポートする機械

耳の聞こえをサポートしてくれる補聴器には、性能や特徴などによっていくつかの種類があります。耳の中に完全に入れるタイプなら、外からも目立たず使っていると気付かれません。たまに使う方には、価格の安い箱型の補聴器もおすすめです。

耳

会話が聞き取りやすくなる

加齢などで耳が聞こえにくくなっている方に人気となっているのが、聴力を補う事が出来る補聴器です。まず、耳鼻科で医師に診断をしてもらってから専門店で購入します。耳掛けタイプや耳あなタイプなど種類が豊富で、目的に合わせて使い分ける事が出来ます。

補聴器

聞こえにくさの解消に

専門のお店で購入できる補聴器は、耳に装着をして音の聞こえをよくしてくれる便利なアイテムです。ただし、最初に耳鼻科に訪れる必要があるので、最適な製品を手に入れるためにも、医療機関を飛ばして専門店に訪れないようにしましょう。

いろんなタイプがあります

女性

自分に合ったものを使用

難聴者とは、音があまり聞こえない状態の人を指します。日本だけでも約1000万人以上いるといわれており、70代以上の人が圧倒的に多いです。補聴器は、難聴者を助けるために開発された医療機器で、老若男女に人気です。補聴器と集音器は似ていますが、医療機器なのかそうでないかの明確な違いがあります。補聴器は厚生労働省の審査をクリアした医療機器ですが、集音器は医療機器ではありません。集音器は安いので人気ですが、難聴者には向いていません。補聴器は、音の調節ができ操作が簡単、重度の難聴にまで対応しているなどの機能がついているのです。もともと難聴者向けに作られており、難聴者には大変役立つのです。補聴器は、サイズが様々あり、形は5種類あります。耳あな型は、小型もものから大型のものまで種類が豊富です。軽度の難聴から重度の難聴に対応しており、いちばん人気があります。耳かけ型の補聴器は、小型で操作が簡単なものが多く目立ちにくいのが特徴です。コードとイヤホンを繋いでいるポケット型も人気です。本体をポケットに入れて持ち運べて、操作も簡単です。メガネ型の補聴器は、メガネに補聴器が内蔵されているタイプのものです。メガネをしている方に人気です。特殊補聴器は周波数を圧縮し、騒音に強い特殊な補聴器です。自分の聞こえ方や耳の形に合わせて購入するのが良いです。今はオシャレなデザインのものあるので、オシャレを気にする方にオススメです。補聴器は、耳鼻科で作ってもらうことができます。自分に合うように診察を受けた上で作ってもらえるので、使用感が悪くて使えないということはないでしょう。万が一補聴器が合わなくなってしまった場合にも、医師に相談すればすぐに今の自分に合った補聴器を作ってもらえるので、メガネ同様定期的にメンテナンスを行って自分に合った補聴器を使用しましょう。

Copyright© 2018 音が聞こえにくいなら補聴器を利用すべし【種類と特徴をリサーチ】 All Rights Reserved.